chihiro blogちひろブログ

東日本大震災丸7年

2018/03/11 コメント (4)

東日本大震災から丸7年が経ちました。

改めて、心から追悼の意を申し上げます。

(復興応援コンサートの時に訪れた富岡町での写真)

私自身、この大震災からたくさんの学びをいただき、

かけがえのないご縁もいただき、

その悲しみからも立ち上がる被災地の皆様から

逆に元気をいただいてきました。

ずっと金子みすゞさんの詩を歌っている私だったので、

震災後のACジャパンCMでの「こだまでしょうか」の朗読から、

一気に全国にみすゞさんの心が広がったとき、

私はみすゞさんの詩を歌うことでお仕事が出来ているのだから、

何か恩返しをしなくては、と思っていました。

その時、福島県郡山市の方々とご縁が繋がり、

復興応援コンサートを5年続けることが出来ました。




福島県・宮城県でコンサートのご縁をくださった方々に、

そしてご来場くださった方々に改めて感謝の気持ちです。

これからも東日本大震災の復興が

前に、前に、進んでいけるように、

願っています。

そして、今年も福島県には2度コンサートのご縁で伺うことになりました。

福島県の皆様と、

これからもみすゞさんの心で繋がり、

そこから温かなふれあいの絆を

深めていきたいと思います。

コメント

  1. 町子 より:

    ちひろさん こんばんは。
    今日、日曜日いつものように「ちひろDEブレイク」を聞いていました。

    11日ですので、ちひろさんが郡山市の皆さまとのご縁の始まりから、
    現在に至るまでのお話をされていました。

    今ブログを拝見致しますと、写真が掲載されていまして、
    ラジオでのお話が一層深く脳裏に浮かび上がってきました。
    復興応援コンサートを5年なさっていたちひろさんが、
    今年もコンサートで福島県に行かれますとか。

    微力ですが、応援しています。

    季節の変わり目です。
    くれぐれもお体お大切になさって下さいませ。

  2. chihiro より:

       町子さんへ
       「ちひろDEブレイク」いつもお聴きいただいて、ありがとうございます!
       3.11の昨日、オンエア日となったことも有難い一日に感じていました。
       私も復興応援コンサートの5年を振り返って写真を見ていると、いろんなことが
       思い出され、客席におられる避難者の皆さまが今どう過ごされているだろうかと、
       そしてまた、その中でも今も繋がってコンサートに足を運んでくださる方もおられて、
       いろいろな思いが自分の心の中に込み上げて来ます。
      
       直接会えない中でも、その応援のパワーは人と人を通して伝わっていくものだと思います。
       町子さんの応援も、きっとこだましていきます。
       春の日差しを感じられるこの頃になりましたが、
       季節の変わり目は不安定ですもんね、お互いに体を大切にしながら
       過ごしていきましょう~!
                                         ちひろ

  3. ピオーネ より:

    ちひろさん、こんにちは。
    久し振りの投稿ですが、いつもブログ拝見しています。
    東日本大震災からもう7年経つんですね。
    いつまでも記憶を風化せず、大切なことを残したいと思います。
    これからも頑張ってください。

  4. chihiro より:

       ピオーネさんへ
       お久しぶりですが、いつも見てくださっているんですね!ありがとうございます!
       もう7年ですが、まだまだ当時のままの帰宅困難区域の様子をテレビなどでも見ていると、
       震災直後の津波の映像で自分の心が乱れ、強い悲しみに襲われた感覚が甦ってしまいます。
       被災された方々や関係者の方々は、どれだけの苦痛だろうかと、心痛みますね。。。
       でも、こうしてみんなが意識を一つにして、風化させないこと、とても大切ですよね。
       この輪を広げていきましょう!
       これからも、応援よろしくお願いします(^.^)/
                                   ちひろ

コメントを投稿する

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

Translate »