chihiro blogちひろブログ

9/9旭川市にて

2018/09/27 コメント (0)

福島県での2ヶ所でのコンサート、ラジオ出演を終えて、

次は9日、北海道の旭川市でのコンサートでした。

6日の北海道胆振東部地震の3日後でしたので、

福島県を7日に出発する時は、まだ心配な状況は続いていました。

けれど、主催者との確認で開催は決定。

旭川市は、8日には停電がほぼ回復していたので、

大丈夫とのことでした。

北海道へは、車で仙台港へ向かい

フェリーで苫小牧港へ入る予定でしたので、

唯一運行していたこともあり、無事に北海道入り出来ました。

フェリーには、自衛隊の災害派遣部隊のトラックも。

苫小牧へ着くと、港付近のガソリンスタンドが長蛇の列。

やはり、地震の影響はありましたが、

高速道路も全部開通していたので、旭川へは予定通りの到着。

そして、翌日は会場の願成寺にて開演。

地震後の状況にも関わらず、本堂には大勢のご来場。

主催の「旭川みすゞ会」の皆様も、皆様を温かくお迎えされ、

こうした災害の後だからこその、心を一つにしたおもてなしです。

一緒に「ふるさと」を歌う時も、いつも以上に皆様とその心を分かち合えたような気がします。


東日本大震災直後にも、

金子みすゞさんの「こだまでしょうか」の心が多くの方々に寄り添いました。

この日も、本堂はみすゞさんの心が温かく広がりました。

涙される方も多く、

私自身、こうした時だからこそ、

歌は心を結びつける大切なものだと改めて実感しました。

こうして、無事にコンサートは終演。

お客様が笑顔で、清々しい雰囲気でお帰りになられるご様子、

とても安堵しました。

イベントの自粛もあった北海道ですが、

主催者の皆様の金子みすゞさんを信じる思い、

お客様をその心でお迎えるするお姿、

私もとても心を強く、歌うことが出来たのも、

ご来場の皆様、主催者の皆様のおかげです。

そして、終演後は主催者の皆様に懇親会にお招きいただきました。

デザートには、私をイメージしたというスィーツが。

「情熱」の赤をイメージしたそうです!

この音符もクッキーになっているので、

美味しくいただきました♪

皆様が口を揃えて仰っておられた言葉

「日頃、いかに電気に頼った生活だったかを実感した」

「備えは本当に大切」

それを、私も改めて心に刻んだ旭川の2日間でした。

こうした状況の中、

コンサートへお越し下さった皆様、

主催者の皆様、

そしてSNSなどを通じてエールを送ってくださったファンの皆様、

有り難うございました!

コメントを投稿する

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

Translate »