chihiro blogちひろブログ

11/12岡山県真庭市にて

2018/11/29 コメント (0)

京都の次は岡山へ。

曹洞宗の檀信徒地方研修会にて、コンサートのご縁をいただきました。

荘厳な雰囲気で、開会。

椅子坐禅も行われました。

私は臨済宗の花園大学出身で、

実は講義の中で坐禅を選択していたので、

剃髪姿の方々に交じって、坐禅を組んでいました。

とても懐かしく思い出し、身の引き締まる一日。






この日参加者に配られた曹洞宗の「しおり」には、

曹洞宗の教義も紹介されていましたが、そこには

「わたしたちは、さまざまなご縁に恵まれて生かされていきているのに、

そのことに気づかずに自分勝手な生活をして、

悩み・苦しみのもとをつくり、空しい日送りをしがちです。

そのことを反省し懺悔して、仏さまの戒めを守り、

仏心に目覚めた生活をするならば、おのずから心が落ちついて生活を調えられ、

社会に役立つことを喜び、苦難に耐えて生き抜く信念が生まれます。

そこに生きがいと幸福を見出すのが曹洞宗の教えです」

とありました。

とても心に響きました。

私が金子みすゞさんの詩を通して、歌い語る心にもとても繋がるものです。

この日も、本当に有難い出遇いとなりました。

コメントを投稿する

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

Translate »