chihiro blogちひろブログ

12/8大分県臼杵市にて

2018/12/24 コメント (0)

この日は、大分県臼杵市の人権啓発イベント

「フェスタ・ザ・じんけん」にてコンサートのご縁をいただきました。

金子みすゞさんの詩のまなざし、

その命をみつめる心のルーツとして、

みすゞさんの父親の故郷、長門市仙崎の通(かよい)があり、

そこには鯨墓があります。

この臼杵市にも実は鯨墓がいくつかあります。

この日も、みすゞさんの詩「鯨法会」を歌いましたが、

その前に、みすゞさんの心を育んだ風土と、

この臼杵市の風土には、共通する命へのまなざし、

いただく命への感謝の心を大切にする教えがあると、お話しました。

皆さん、とても熱心にその話を聴いてくださって、

会場の一体感を感じました。

コンサート会場の廊下を挟んで前方では、

ワークショップも開かれていて、

トンカントンカン、作品を作っている時間と重なっていたのですが、

コンサートが始まって少し経つと、

その音は止み、

最後には、皆さんコンサートに聴き入ってくださいました。

そして、コンサートの後には表彰式もあったので、

市長様や教育長様や来賓の方々が

ステージ袖に控えておられましたが、

最後の歌「メッセージ」を歌い終わった後の拍手が、

その舞台袖からも大きく鳴り響き、とても感激しました。

コンサートの時間はほんのひとときです。

でも、その時間を通して、

心と心が繋がる瞬間があります。

それがとても有難い。

金子みすゞさんから繋がる大切な心を、

確かに分かち合った。

その実感を得た時に、

私はとても大きな倖せをいただきます。

この日も、それをとても感じました。

有り難うございました!

コメントを投稿する

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

Translate »