chihiro blogちひろブログ

11/19福岡市立愛宕浜小学校にて

2020/01/11 コメント (2)

この日は、校区人権推進協議会と愛宕浜小学校PTA研修委員会主催での

人権コンサートのご縁をいただきました。

第一部は、5,6年生も一緒に聴いていただくコンサート。

金子みすゞさんの詩「星とたんぽぽ」の弾き語り、

プログラムに掲載しているその詩の言葉を辿りながら、

熱心に聴いてくださる空気が伝わってきます。

いつもはコンサートの終盤で歌う「私と小鳥と鈴と」ですが、

5,6年生にも絶対に聴いていただきたいので、第一部に。

そして、休憩を挟み第二部は、一般の大人の方々のみ対象。

皆さん、前の席に移動されての近い距離。

なんだか、~大人だけの時間~のような雰囲気がまた特別な引き締まった空気に。

終演時には、主催者代表の方から

「とても清々しい涙を流させていただいた」という嬉しいお言葉もいただきました。

そして、数日前ですが、

聴いてくださった5,6年生からの感想文が届きました!

嬉しい言葉の数々に、

みすゞさんの心がしっかり伝わった、私の想いがこだましたと

とても感激する内容でした。

中には「ちひろさんの歌が聞きたいと思うだけで心がはずみます」という言葉もあり、

その言葉で私の心が弾みました!

福岡県でのコンサートのご縁も多く、

口コミで広がっていくことが本当に嬉しく思います。

今年も、皆様と一緒に心と心がこだまする、

そんなコンサートを精一杯頑張っていきます!

コメント

  1. 町子 より:

    ちひろさん、本当にご無沙汰をしております。
    寒中お見舞い申し上げます。

    ブログは毎日拝見し、全国各地でのご活躍を嬉しく思っております。

    昨日の「ちひろDEブレイク」では、門松のお話がありました。
    門松には、黒松が男、赤松が女と言う事でした。
     
    このお正月に山口県萩市の菊屋家の男女の珍しい門松を初めて見ました。
    そして一対になっていることを初めて知りました。
    お忙しいとは思いますが、ご覧になられる機会があれば嬉しいです。

    今年はみすゞさん没後90年。
    ちひろさんの温かいコンサート活動がますます広がって行きますよう、
    応援しております。

    風が流行っています。
    くれぐれもお大事になさって下さいませ

  2. chihiro より:

       町子さんへ
       いつもラジオも聴いていただいて有難うございます!
       菊屋家ではちゃんと一対で飾っておられるんですね!
       素敵ですね♪
       昨日から今年のコンサートが始まり、嬉しいスタートを切ることが出来ました。
       これからも、熱い応援よろしくお願い致します(^o^)丿
                                  ちひろ

コメントを投稿する

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

Translate »