chihiro blogちひろブログ

3/18北海道1ヶ所目・長沼町

2018/03/31 コメント (0)

3月の北海道は初めてでした。

3月18日~21日までの4日間、

北海道の夕張郡長沼町・美唄市・赤平市・札幌市での

コンサートのご縁は、想像以上に心に残る日々でした。

まずは18日。

今回の北海道のご縁のきっかけとなったコンサートは、

長沼町の長勝寺にて。

ご門徒のお一人、木口敏雄さんの奥様の一周忌追悼コンサート。

私の祖父・東昇の講演の記録も録ってくださっている方で、

私の母が出版した祖父の人生をまとめた本もたくさんの方々に広めてくださっていて、

そうしたご縁から、コンサートを個人で依頼してくださったので、

本当に有難い気持ちでいっぱいになりました。

まだ雪が残っている景色の中、

立派な山門を入ると、

本堂の横には、素敵な納骨堂会館「無量寿堂」

ここが会場となりました。

外で、「クワゥ・クワゥ」と鳴き声がするので何の鳴き声?と思ったら、

白鳥でした!

第一部

右横で記録を録られているのが、木口さん。

この北海道4日間の全てのコンサートを記録してくださいました。

第二部へと続きます

金子みすゞさんの詩の心、歎異抄の心、

皆さんと「受け継ぐ心」を分かち合いました。

木口さんの曾孫さんたちから花束をいただきました。

木口さんは奥様と共に新聞に紹介されたこともあるほど、

とても信心深く、日々のご縁を大切に生きておられる方で、

何気なくぽろぽろと出てくる木口さんの言葉には、

御苦労や葛藤からいただいた倖せが出てくる、

大きな言葉が自然に出てこられる、

そんな方でした。

夜は懇親会も開いてくださり、

お寺のご住職様ご夫妻、ご門徒の役員の方々もご一緒に会食。

木口さんの日頃のお仲間の皆様との笑い絶えない懇親会となりました。

木口さんの奥様もきっと見守ってくださっていたと思います。

夜の北海道の風は冷たかったですが、

地元の人は薄着。

私たちだけ分厚いコートを着ているのがおかしいくらいでした(笑)

一日目のコンサートから、

とても心の在り方や、受け継ぐことの大切さというものを

心の奥に感じる、

そんな有難いスタートとなりました!

コメントを投稿する

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

Translate »