chihiro blogちひろブログ

6/15第15回福岡県仏教連合会主催「いのちとこころ」の講演会

2019/07/05 コメント (0)

6月15日、福岡市の天神スカイホールにて。

昨年11月に、「福岡県仏教連合会女性の会」にて歌わせていただいたことから

今回の全体の会でぜひと、基調講演のご縁をいただきました。

大雨にも関わらず多くの方々がご来場くださいました。

主催者の方々のご挨拶があり、講演コンサートがスタート。

第一部

「日の光」「大漁」「星とたんぽぽ」「鯨法会」「さびいしとき」

金子みすゞさんの詩を語りも交えお伝えし、

「ふるさと」を合唱、そして中島みゆきさんの「時代」を。

なんと、休憩で退場するとき、

司会者の方がサプライズで、和尚様に私をエスコートしていただくように要望され(笑)、

「緊張すると!」の和尚様のお声(^^)

大きな拍手をいただきました♪

そして第二部。

親鸞聖人の言葉をまとめた「歎異抄」から

「悪人正機説」の箇所の「いはんや悪人をや」と「ただ念仏して」を、

そして、金子みすゞさんの詩から

「このみち」「私と小鳥と鈴と」「明るいほうへ」を。

最後は、宗教の枠を超えてのマザーテレサさんの言葉「メッセージ」も歌い、

アンコールをいただいたので、「マイウェイ」を。


退場前には、全員で記念写真をということで、

私は客席へ

握手を求めてくださる方々とのシーンも写真に撮られています(笑)

はい、ポーズ!

最後のご挨拶をされた中で、

コンサートのことでとても有難いお言葉をいただきました。

終演後、サイン会もさせていただき、

これまでの福岡県でのコンサートにもお越しいただいていた方々との再会もあり、

本当に嬉しいひとときでした!

閉会後は懇親会もあり、

色々と熱い話で盛り上がりました!

仏教の宗派を超えての交流の場に、

基調講演の講師としてコンサートをさせていただくご縁。

本当に有難く、日々の自分自身の心の在り方を

改めて見つめさせていただく思いです。

祖父・東昇も

こうした時間を大切にしていたんだなぁと、

つくづく実感します。

今を生きる中で、過去の祖父に出遇う。

感謝です。

コメントを投稿する

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

Translate »