chihiro blogちひろブログ

8/18岩国市パストラルホールにて

2019/08/26 コメント (0)

この日は、岩国市の周東文化会館パストラルホールで開催された、

浄土真宗の「玖珂西組(そ)仏教婦人会第50回記念大会」で

コンサートのご縁をいただきました。

午前中から開催され、ご法話があり、

午後のアトラクションはまずコーラスの方々が歌われたのですが、

嬉しいことに、私作曲の歎異抄の歌から「ただ念仏して」を2部合唱で歌ってくださいました♪

ピアノの伴奏もとても綺麗で、

舞台袖で聴かせていただきましたが、ちょうど夏休みということもあり、

舞台管理スタッフの方の小学生のお子様がお手伝いで来ていて、

その女の子が初めて聴く歌なのに、

袖で一緒に口ずさんでいます。

嬉しい瞬間♪

そして私のコンサート。

金子みすゞさんの「大漁」から始まり、

弾き語りは、「星とたんぽぽ」「積った雪」

「私と小鳥と鈴と」の手話も皆さん息ぴったりです♪

歎異抄の歌からは「五劫思惟の願い」のロングバージョンを久しぶりに歌いました。

一際拍手が大きかったように思います。

マザーテレサさんの「メッセージ」も歌い、

終演後には「メッセージ」のCDを求める方も多く、

宗派を超えてのメッセージに心を傾ける大切さもつくづく感じ、

お客様とその思いを分かち合えた実感に包まれました。

それぞれが出合う宗教は、世界中様々にありますが、

きっと、自分自身が学ぶべき道の宗教に出合うのだと思います。

その門が違っても、門をくぐり学び、その道を生きていくと、

最終的には、みな同じ大切なことに出会っていて、

ゴールは同じなのだと思います。

それは宗教に限らず、

スポーツ、音楽、教育、ありとあらゆる分野で同じですよね。

今東京オリンピック・パラリンピックに向けて日本中が湧き立っていますが、

そのスポーツ選手が学ぶ心、そしてその姿からいただく心、

他の分野の人間にも大きな学びになっている、それが答えだと思います。

自分にいただくご縁に感謝して、

そのご縁が伝えてくれるメッセージを

しっかり受け止める自分でありたいです。

コメントを投稿する

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

Translate »